年収のギャップを生む点

フリーエンジニアとして働いて高収入を得たいと考える際に、その効率性において大きなギャップを生むのは高額案件を請け負うことができるかどうかという点です。フリーエンジニアが担うことができる仕事の種類として、クライアントに発注されたものを納品することによってその対価として報酬を受け取れる請負型のものと、一定期間の契約でクライアントに指定された仕事を行う受託型のものとがあります。受託型のものは長期間に渡って一定以上の報酬を受け取り続けることができるため、比較的高い収入を安定して得られることから多くの人が受ける仕事となっています。こういった案件で高額のものを受託できると年収に大きな開きが生じることになります。

実際の受託型の仕事の相場としては月額で40万円から80万円程度となっています。同じ期間の受託であれば、実に収入に二倍もの差が生じることになるのです。こういった違いを生むのはスキルと経験に加えて知名度であり、フリーエンジニアとして品質の高い仕事をするということで業界に名が知られるようになると、高額の契約が実現できるようになります。そのため、年収をあげたい、高額な案件を獲得したいと考える場合には着実に成果をあげながら自分の名前を売り込んでいくことが必要であり、技術者としてのスキルアップだけではなく、ビジネススキルの向上も行うことが重要です。それを行ったか否かによって、高額案件を獲得出来るかどうかに大きなギャップが生まれるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です